Pottery

Chizuru Kurita

信楽で陶芸を営む栗田千弦さん。

「claystudioくり」というお店を代々支えながら、

個性あふれる可愛らしい陶器を作られています。

​そんな栗田さんがトライして下さった、琵琶湖の水草を利用した灰釉のうつわを

​ご紹介します。

00E3CDFC-303C-47F0-9624-295A2352B9BB.JPG

biwaco

試行錯誤をされて出された釉薬の色は

独特のグリーン。

火山のごつごつとした岩山に

突如現る​湖のよう。

ハンドメイドの器にひとつひとつ施す釉薬、

自然と流れる色合いは

​本当にひとつひとつが違って個性的で美しい。

スクリーンショット (136).png

ceramic

お茶っ葉みたいな匂いの乾燥した水草が届いて、サヤに入れて素焼きして灰を作りました。長石を混ぜてみたりしたけど、100%の灰で出る色がいいかなと、炭酸バリウムのマット釉と組み合わせて、盃を作りました

​「クレイスタジオくり」

スクリーンショット (136).png